学校関係者の方へ

外国にルーツをもつ生徒にとって高校進学は言葉のハンディや母国と日本との学習内容の違いなどから大きな壁となっており、外国籍生徒は日本人生徒と比べて高校進学率が著しく低く、推定で50%以下と言われています。

1人でも多くの外国にルーツをもつ子どもが高校進学を果たし、日本社会で自己実現を果たすことができるよう、高校進学ガイダンスでは都立高校への進学を希望する生徒や保護者にたいしての情報提供や個別相談を行っています。

中学校においてこうした外国にルーツをもつ児童・生徒がいらっしゃる場合は、本ガイダンスにご参加いただくよう、生徒や保護者の方にご案内いただければ幸いです。

当日は都立高校、私立高校の教員、学習支援団体による個別相談も実施しますので、ご相談されたいことなどがございましたら、ぜひ中学校の先生方もご参加ください。

詳しい情報を必要とされる方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら